お知らせ

東日本大震災から8年

2011年3月に起こった東日本大震災から今日で8年が経ちました。

復興が進むにつれ、震災の記憶や、防災への意識が風化されていくことが懸念されておりますが、各地の語り部さん達は写真、映像、資料、体験談等で後世に語り継ぐべく活動を続けております。
ぜひ、バスツアーを利用し、現地で「見て」「聞いて」「触れて」美味しいものを「食べて」・・・・
復興へ向けて歩み続ける沿岸部を訪ね、そして「感じて」みませんか?

一人ではなかなか行けないけど、実際に自分の目で確かめたいというお客様。
「何かしたい」と思っても、実際にどうしていいのか分からないというお客様。
ぜひバスツアーをご利用いただき、現地へ足を運んでみてください。
一人でも多くの方が、東北地方を訪れ、沿岸部の「今」を知ることにより、震災の記憶を胸に刻み、沿岸部への関心や防災への思いが今一度強まること、そして何より大勢の方にお越しいただく事が沿岸各地域の何よりの励みとなります。

今季のツアーでは震災遺構として昨日開館した「気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館」を訪ねる「2019年の気仙沼を訪ねる」コースを設定しました。現在3月出発分を募集中です。4月以降の設定日は随時HPにてご案内させて頂きますので是非ご検討下さい。

ツアー中には気仙沼内湾地区でのフリータイムもございます。ご昼食には美味しいものをお召し上がりいただき、生まれ変わった商店街でお土産を買って、地元の方とふれあっていただきたいな〜と思います。そして今度は皆さん自身が語り部となり「旅の話」をしていただき「忘れない事・伝えること」こそが、大きな意味を持つのではないかと強く感じております。

仙台駅発着の「沿岸地域を巡るバスツアー」
是非、多くの皆様のご参加をお待ち致しております。

各コースの詳細、お申込みは下記よりどうぞ
【画像上:気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館】
【画像中:気仙沼男山本店】
【画像下:岩井崎龍の松】
(画像は全てイメージです)
画像提供:気仙沼観光コンベンション協会

リンク